5月25日・東京ベイカップトーナメント2008




今回は日時の被ったTSSTを欠場。

オフショア部門でエントリーし村岡氏と共に参戦することになった。




NPO海塾主催の今大会。

水辺再生プロジェクトと銘打って民間人、民間企業、行政へと色んなことを提唱、協力を求める団体だ。

この大会も水を綺麗にすることで生態系が豊かになりシーバスが増える、変わらず居てくれることを大会という形でPRするものだ。


さらに優勝すると都知事賞、特別賞は港湾局長賞とニューヨークで同時開催のマンハッタンカップに伴いNY市長賞もあるらしい。

これらの賞を出してもらうのには相当な苦労があったとのこと。







前日

本部から連絡があり大会当日のタイムスケジュールが悪天候の予想から変更となった。

スタート時間が2時間遅れ、実釣時間が1時間短くなり3時間との連絡が。

となると大して移動を繰り返すわけにもいかなくなってくる。





当日マリーナに集合したのは4時。

あいにくの雨。


そんななか会場の青海桟橋へと向かい受付を済ます。





所定の時間になりスタートの合図とともにボートが左右へと散っていく。






少なからず魚の存在を確認できた湾奥のストラクチャーポイント。

まずはそこから撃っていく。







潮はまだ微妙にしかきいていないがストラクチャーの隙間からポツポツとヒットを繰り返すがどうもサイズが小さい。


釣れてくるものの40〜50cmの魚が圧倒的に多い状態。

スタートからものの30分でリミットを揃えると1cm刻みで入れ替えを繰り返していく。








潮がきいてきたころ。

撃つ面を移動して水深5〜8mラインに存在するブレイクに潮がいい感じにぶつかるポイント。







ここもストラクチャー絡みでワンキャストワンバイト!

一向にサイズの上がらないまま時は過ぎていき、シンキングミノー、バイブレーション、シンキングペンシル、ジグヘッドワームと

色んなルアーを打ち込んでサイズアップを目論むが50cm半ばが精一杯・・・。


「ここにいるやつ釣りまくればそのうちデカイのが混ざるよ」と村岡さん。

デカイの混ざると言われたらキープキャスティング!





唯一ストラクチャーの奥+深いレンジを攻めるとたまに50台が絡んでくる。

このパターンでなんとか50台半ばをそろえることはできた。






結局2時間は入れ食いを普通に楽しんで二人で80本以上キャッチしたところでさすがに食いが悪くなってくる。

残りの50分を近場ポイントに入ってみたがサイズは上がらずあっという間の3時間タイムアップ。


って、あれ?


おかしいな・・・


60cm超える魚一匹も掛からなかった・・・・・?


じゃーーーーーーーん・・・・・!!!




村岡さん・・・。






雨降りと時間が短いのもあってまったく魚の写真はナシ・・・。;


というわけで会場に戻り160cmでウェイインすることに。










結果がわからぬまま表彰会場の晴海ふ頭へと無料シャトル水上バスに乗るとまたすごいことが判明・・・。





この方は普段プレジャーボートに乗っているんですが

なんと水上バスに乗ったのは今日のこの日が初めて・・・らしい。

そんなわけで記念撮影♪







のんびりと東京みなと祭会場の晴海へと向かうなかスカイデッキに一緒にいた村岡氏がいつの間にかいない。


気づけば普段とまったく違う大きくゆっくりな船の揺れストロークにやられてやや船酔ダウン・・・






ようやく晴海へ着くととりあえず腹ごしらえ。




相変わらず天気が悪く今にも振り出しそうだが会場に着くと降っていた雨が止む。


そして表彰式。




ショア部門ではTSNボートクラブのもりもりさんが最大魚でNY市長賞をゲット♪


そしてショア部門の表彰が終わり、オフショア部門。








優勝・・・












「大野ゆうき」






え〜・・・!!

あのスコアで???





(村田基さん、お笑いの田村亮さんもいらっしゃいました)
(田村亮さんも大会に参加、しっかりとリミットメイクしたとのこと)

(村田基さんに写真まで撮ってもらいありがとうございました。)






特設ステージでお話をさせてもらい都知事賞をゲット♪



どうも湾奥激シブのようでリミットメイクに至らなかった人もいたとのこと。

やはり同じでサイズが小さく60台を持ってきた人はほんの数人。

一箇所で集中してそこにいる魚を全部釣るつもりで数を稼いだのがよかったみたいでした。

そして今回、誘ってもらい選手+操船というハンデを背負いながらも色々とアドバイスをくれた村岡氏に感謝。

おそらく二人で同じ魚を探して参戦したトーナメントは初めてだ。




その後解散すると急遽集まれる仲間に集まってもらい報告&祝勝会へ。



TSSTの話を聞いたり釣りと関係ない話で盛り上がりつつ。




楽しい時間もあっという間にすぎ、おひらきとなりました。





ポイント:東京湾奥
「使用タックル」
ロッド:
ダイワ・ソルティストエクストリーム72
ダイワ・モアザン76Lテクニカルマスター
リール:
iconダイワ・イグジスト3012 icon
icon
icon

ダイワ・モアザン ブランジーノ3000
icon
icon
ライン:
東レ・シーバスPE エフゼロ 20lb  1号
icon
iconicon
+ショックリーダー
東レ・トヨフロン スーパーL‐EX 5号&6号 icon
iconicon
使用ルアー:
オルタネイティブ・ブラスト
ラッキークラフト・ワンダー80
邪道・ヨレヨレicon
アイマ・ソバット80
メガバス・X80SW
ジグヘッド+ワーム
バスデイ・レンジバイブ70ES・90ES
バッグ:
ライト:
BOIL(ボイル)・フィッシュグリップ icon
iconicon